ブラジリアンワックスとは、ブラジル発祥であり、デリケートゾーンのムダ毛を処理する手法です。
ブラジリアンワックスは、日本でいう、脱毛テープと同じような方法により、VIO脱毛を行いたい部分に、ワックスとなるクリームを塗りつけ、乾いたら一気に剥がすという方法です。
脱毛サロンで行うVIO脱毛とは違い、一度ブラジリアンワックスを行った後も、ムダ毛の毛量が少なくなったり、ムダ毛が生えてこなくなることはありません。

ブラジリアンワックスはムダ毛を抜く手法となりますから、一度行うと、1週間から2週間程度生えてこなくなります。
ですが、ムダ毛を引き抜くときには非常に強い痛みを伴いますし、人によっては、出血してしまう人もいます。
ブラジリアンワックスの後の毛穴は、穴が大きく開いてしまっている状態となりますから、ばい菌が入り込みやすいため、しっかりと消毒をする事が大切です。
VIO脱毛は、回数をこなすと痛みが軽減しますが、ブラジリアンワックスの場合には、痛みが軽減することはありません。
ですが、回数をこなすと、痛みに慣れてくるという人もいます。

一気に全てのムダ毛を綺麗にすることができ、手間がかからないことがブラジリアンワックスの特長となりますが、肌トラブルが起きやすいため、脱毛サロンでVIO脱毛を行う方が肌への負担を軽減させながら脱毛をすることが出来るでしょう。
デリケートゾーンはムダ毛が濃く、お手入れをさぼるとチクチクとしてしまいますから、できるだけ早くVIO脱毛を取り入れましょう。