脱毛の施術は、生理がきている人であれば、大抵の人は施術を受けることが出来るとされています。
ですが、未成年の場合には、保護者の同意がないと施術を受けることができないような場合がほとんどとなっていますから、小学生や中学生、高校生が脱毛を行う場合には、保護者と共に来店しなければいけません。小学生の場合、VIO脱毛を行う人はほとんどいません。
VIO脱毛が気になる世代としては、デリケートゾーンのムダ毛の毛量が増え、自分自身で自己処理をしなければいけない状態になっている人が多いですから、大学生や社会人が取り入れることが多くなっています。
VIO脱毛を行う場合にも未成年の場合には、保護者の同意が必要となります。

最近では、生理が来ていない小学生が行う事ができるようなキッズ脱毛を行う子どももいます。
あまりメジャーとはなっていませんが、モデルや子役を行うような子どもの場合、腕や足などの産毛を脱毛により、処理をし、見た目を良くするという子どももいます。

キッズ脱毛であってもVIO脱毛全てではなくても、水着からはみ出してしまうVライン近辺のムダ毛をなくしたいという人も多くなっています。
子どもの時から、剃毛を繰り返すと、肌への刺激となってしまい、傷痕ができてしまったり、毛穴にばい菌が入ってしまう事が多く、肌トラブルが起きやすい肌を作ってしまいますから、出来るだけ剃毛の回数を減らすために、キッズ脱毛に通う子どももいるのですが、大人になると、ホルモンバランスの関係により、ムダ毛が濃くなってしまう人が多いとされています。