ムダ毛の自己処理には、肌トラブルが起こりやすいというデメリットがあります。
脱毛テープや除毛剤、剃毛や毛抜きで抜く方法など、自己処理をするための方法には様々な物がありますが、どの自己処理を行った場合でも、埋没毛と呼ばれるムダ毛が皮膚の中で成長してしまい、肌の表面から出てくることが出来ない状態になってしまう事があります。

肌の見える部分で、埋没毛は成長していきますから、ピンセットなどで引っ張れば簡単に取り除くことができますが、肌に傷を作ってしまいますから、お勧めできません。
埋没毛はそのまま放置しておくと自然と肌に吸収されてしまいますから、気にする必要はないのですが、ムダ毛が伸びているように見られてしまいます。
その他に、剃毛や、毛抜きで抜いた場合、毛穴にばい菌が入ってしまい、毛嚢炎と呼ばれる炎症を起こしてしまう場合もあります。
赤みが出てしまうだけで済めば良いのですが、膿んでしまうと、病院に通わなければいけない場合もあります。

自己処理による肌トラブルを防ぐためには、脱毛サロンでの脱毛を行う以外に方法はありません。
デリケートゾーンも肌トラブルが起きてしまいやすい部分ですからVIO脱毛を行い、ムダ毛が生えてこない状態を作り出さないと、肌トラブルが起きてしまう可能性はいつでもつきまといます。
VIO脱毛を恥ずかしいと感じる人もいますが、行わなければ、自己処理を継続しなければいけませんし、肌トラブルが起きてしまっても、通院することに抵抗がある人が多いですから、少しでも早くVIO脱毛を行いましょう。