世界では、国によって、脱毛事情が違います。日本の場合、ワキのムダ毛の処理は身だしなみとして当たり前であるとされていますが、足や腕など、ムダ毛処理をする人もいれば、いない人もいます。
中国の場合には、一部の地域を除いては、ムダ毛の自己処理をしない人の方が多く、ワキやその他の部分もムダ毛処理を行わない人が多いとされています。

アメリカでは、ムダ毛の自己処理はどの部分でも当たり前であるとされており、デリケートゾーンのお手入れをしていないのは、日本でワキのムダ毛処理をしていない人のように、恥ずかしいと思われてしまうとされています。
ヨーロッパの一部の地域でも、デリケートゾーンのお手入れをしていないと恥ずかしいと感じられてしまう地域もあります。

世界によって、脱毛事情は異なりますが、日本でも、デリケートゾーンのお手入れをする人が増えてきています。
VIO脱毛により、一度脱毛を完了させてしまえば、今後、自己処理を行ったり、再度脱毛に通う必要はありませんから世界に出ても恥ずかしいと思われる事のないよう、VIO脱毛を取り入れ、いつ見られても恥ずかしくないデリケートゾーンを作っておくと良いでしょう。

日本の脱毛事情としては、世界から遅れているわけではありませんが、世界各国よりも進んでいるわけではありません。
今後、日本でも脱毛や、VIO脱毛を取り入れる人が増えてくることと思いますから、遅れを取らないように、脱毛の施術を開始しましょう。