皆さんは、朝晩のお肌のお手入れで、どんなことに気を付けていますか。肌を痛めないように洗顔したり、肌の乾燥を防ぐために化粧水をつけたりするはずです。私たちの身体の中で、特にデリケートな部位は、顔とVIO周辺だと言っても過言ではありません。そんなデリケートな部位を脱毛する時は、慎重に行う必要があります。ハイジニーナ脱毛は、脱毛サロンの施術者も、特に慎重に丁寧な施術をする部位です。

今回は、デリケートラインであるVIOの脱毛時に、注意する点をご紹介したいと思います。デリケートということは、皮膚があらゆる環境の変化を、敏感に察知するということです。顔の皮膚が乾燥して肌荒れを起こすように、VIOラインも同じように肌荒れを起こしやすくなります。特に、脱毛を開始すると、今まで毛で覆われて外気に晒されていなかった皮膚が露わになります。その環境の変化によって、乾燥することもあります。また脱毛は、どの部位でも共通して、乾燥を招きやすいという欠点があります。

そこで、ハイジニーナ脱毛の期間中、出来るだけ乾燥を防ぐように、顔に使える化粧水などで軽く保湿してあげると良いようです。感想は肌荒れの元になるので、是非保湿を心がけて下さい。また、ハイジニーナ脱毛は、生理中には施術が出来ない(してくれない)脱毛サロンがほとんどです。また、妊娠中もトラブルの起きやすい時期とみなされ、脱毛が出来ないケースがほとんどでしょう。

妊娠に気付かずにハイジニーナ脱毛をしてしまったと自分を責めてしまう方もいるかもしれませんのでお話しますが、脱毛に使用するフラッシュは、胎児には全く影響がないと言われています。もしも妊娠に気付かず脱毛をした場合でも、妊娠継続に影響はありませんのでご安心下さい。